うつ病の治療で大切なことを紹介【鬱屈した感情は治療で回復】

男の人
  1. ホーム
  2. うつ病患者の接し方

うつ病患者の接し方

相談

休養を取ることが重要

これからうつ病の治療を実践していくにあたり、どんなことを踏まえて治療に臨むのが良いでしょう。基本的には、この段階ではどこかの心療内科、またはどこかの精神科に行ってカウンセリングを受けている人がほとんどです。自分自身で、自分はうつ病だから、独自の考え方で治療を行っていくという人はまず少ないでしょう。きちんとした知識を持った医師のもとで治療を行っていかないとなかなかうまく回復することはできません。さて、医師のもとでカウンセリングを行うわけですが、どこの心療内科でも精神科でも、必ずといって良いほど言われるのが、とにかくゆっくり休養するということです。今置かれている環境が大きなストレスを抱えていて、それが原因でうつ病になっている人の場合、環境が変わらない限り、どんな治療法を行ったとしても、改善することはないでしょう。ゆっくりした休養を行い、そしてストレスを抱える環境から脱すること、これがうつ病を治す大きな力になってきます。もちろん、医師にカウンセリングしてもらい、診察してもらうと、その人の症状にあった薬を処方してもらえるでしょう。薬も決められた形で服用して、しっかりと治していくとよいでしょう。早ければ早いだけ治るまでの時間も短くなります。うつの治療を行っていく際、本人が気を付けておきたいことと、周囲の人が気を付けておきたいことがあります。自分自身がうつの治療で気を付けておきたいのは、ストレスを感じる環境にいないことです。例えば、仕事をしている人で職場環境が原因でうつ病になっている人は、職場に行くのは避けましょう。長期休暇も仕方ない話です。また、できるだけ休養をとるようにしましょう。休養をとることで穏やかな気持ちになれます。こうしたストレスの少ない生活がとても大切です。さらには、考え込まないようにすることが大切です。うつ病になっている人、その一歩手前の人はどんなことでもマイナスにとらえがちです。ですから、色々と考えると必ずといって良いほど、ネガティブな方向に行ってしまうのです。そうならないために、できるだけ考えないようにすることが大切です。周囲の人はうつ病の方に対して気を付けたいのは発言です。これはよく聞く話ですが、病人に頑張ってとか励ますのは避けましょう。これが病気の人にはかえってマイナスになってしまいます。できるだけ負担をかけないようにすることも大切です。とにかく、ゆっくりと休ませてあげることができれば最高です。これで回復までの時間も短縮されます。