うつ病の治療で大切なことを紹介【鬱屈した感情は治療で回復】

男の人
  1. ホーム
  2. カウンセリングと薬を活用

カウンセリングと薬を活用

レディ

時間をかけて向き合う

うつ病は様々な症状を呈するため、その治療も様々な角度から行います。まず根本的な治療を目指すために、うつ病の原因となっているストレスや悩み、不安を解消する治療を行います。これらは主に精神科や心療内科に通って医師の診療を受け、アドバイスをもらったり落ち込みやイライラといった精神的な症状に対する薬を処方してもらったりします。これらは基本的には風邪を引いたときに内科に行って診察をしてもらうのと同じ流れで、保険のきく診療になります。ただし、使う薬の種類や病院が独自に行う心のトレーニング、カウンセリングなどは自由診療となる場合があるため、事前の確認が重要です。また日常生活の妨げとなりやすい身体的な症状に対しても、対症療法として薬を用いることが多いです。これもほとんどが保険適用となり、そこまで大きな費用負担とはなりません。ただしうつ病の程度や時期によって症状が変化していくことがあり、その都度医師に体調を話してこまめに対症療法の内容を確認していくことが大切です。病院とは別にカウンセリングに通う場合は、別の費用がかかります。カウンセリングは医師が行うかあるいは臨床心理士が医師と共同で治療する目的で行う場合に保険適用となることがありますが、カウンセラー単独による場合は保険適用外となるため、やや費用負担が増えます。うつを治療するときは、気構えすぎず日常生活を送りながら行うのが一般的です。うつを治療する上で欠かせないのが成功体験の積み重ねであり、以前は大きなストレスや不安を感じていたような問題に直面しても大丈夫という経験を何度も繰り返すことで自信を付け、気持ちを前向きに整えていきます。このとき、何かしらの症状が現れて邪魔をするようなことがないよう、カウンセリングや薬で抑えることも大切です。ただし日常生活を以前と同じペースで送ったりストレスを感じる問題に立ち向かったりするのには心の準備や体力が必要です。それに耐えうる精神力や体力が整っていない状態のときは、まずはゆっくり休息を取ることが大切です。自分のうつ病がどの程度なのかを医師の診療や自己分析で正しく把握することが、治療をスタートする上で一番重要です。治療を始める際には特別な準備は必要なく、まずは気軽に心療内科や精神科へ行ってみると良いです。うつ病とはっきり診断が下されなくても、自分が心や体の不調を感じていたら治療を希望すれば、それに合った対処法を提案してもらえます。カウンセリングは診療に含まれない分、より気軽に通えるものだと捉えておくのが良いです。いずれも、うつ病を治すというより個別の症状をひとつずつ解決していく感覚で、時間をかけて向き合っていきます。