うつ病の治療で大切なことを紹介【鬱屈した感情は治療で回復】

男の人
  1. ホーム
  2. 精神療法から対処法を模索

精神療法から対処法を模索

病院

かかえる問題を探す

誰でも良い病院に良い医師に診てもらいたいと考えて病院を探します。しかし、自分にとっても良い基準がしっかり定まっていないと情報に振り回されてしまうだけになります。特に精神科医の場合、診療技術にはさほど大きな差はないので、何でも話しやすく人として波長が合う医師であることが大切です。基本的には所在地と診療時間、診療科目のチェックからはじめて得意としているうつ病の治療法なども確認しておきます。また、ひとまず通院で様子をみたいのであればクリニック、体の病気もあるのなら総合病院、入院でじっくり治すなら精神科病院など通院向きか入院向きかという角度からみておくことが大事です。他にも専門の医師が多い大学病院もあります。通常、うつ病の場合は精神科へ行くのが普通ですが、心の問題よりも身体の不調が大きく出ているようなら心療内科に行く選択肢もあります。互いに違いがありますが、精神科というネーミングに抵抗感を覚える人も覆貯め、心療内科と精神科両方を標榜している精神科医が多く、どちらに行っても近年では大差ないというのが現状です。それぞれの病院やクリニックの治療方針などにも目を向けながら、自分に合う医療機関を選択していくことが重要になってきます。うつ病の治療の基本は休養に精神療法、薬物療法で、それらを組み合わせたりしながら回復に向けて進んでいく仕組みです。精神療法は言い換えれば会話両方で、うつ病の人の個人の考えや感情、困難に感じていることから支援組織などに関して話し合う機会が提供されます。誰でも胸の内をあかすと少しほっとした気持ちになります。精神療法はこの感覚と似た治療法です。一般的にはごく個人的なことに関して打ち明ける一方で、医師や看護師などは自分の個人的なことに関して語ることはありません。つまり、一方通行の関係です。医師や看護師は、患者の悩みや恐怖、絶望感などに関して安心して話せる環境を作ってくれます。良い医師というのは、感情を扱う訓練と経験を長年にわたって積んできています。ここで行われた会話に関して医師が口外することもなく、話を聞いてショックを受けたり驚いたりすることもないのが一般的です。過去の出来事や現在の苦境の意味を理解し、適切な第一歩を踏み出す手助けをする能力を精神科医は身につけています。精神療法はうつの症状をやわらげて、自分の悩みにうまく対処できるようになってもらうのが目的です。経験を積んだ医師であれば話をするだけで十分なこともありますが、時にはそれまでの考え方のクセなどを直し、新たなやり方を学ぶこともあります。