かつらの種類


    黒髪の男性
  • 「かつら」と聞くと、薄毛を隠すためのもの、というイメージがありませんか。
    しかし、今は「かつら」ではなく「ウィッグ」と呼び、若い世代を中心に、ファッションとして使用する人が増えてきています。
    ウィッグは、毛の素材や長さ、色など様々な種類があります。
    低価格で売られているものもあり、ネットでも手軽に購入することができます。
    ですので、たくさん手に入れて、まるで帽子のように、日替わりで楽しむという人もいます。
    もちろん、薄毛に悩む人にも利用されています。
    呼び方が変化したことによって、以前よりもウィッグをつけることに抵抗がなくなり、オシャレとして楽しめるものとなりました。
    今まで、髪の悩みでなかなか外出ができなかった人にとって、これはとても喜ばしいことではないでしょうか。

    ウィッグを使用する人の中には、抗がん剤治療などの副作用による脱毛の為、使用しているという人もいます。
    そのような人は、今まで帽子をかぶるなどして、脱毛を隠していました。
    しかし、今ではそういう人の為に、医療用ウィッグというものがあります。
    これは、普通のものと比べて、刺激が少ない素材で作られていたり、抗菌防臭効果があったりします。
    また、その人の頭の形に合うように作られ、長時間使用しても負担がかかりにくいようになっています。
    このように、医療用ウィッグは様々な工夫がされています。
    これによって、普通の素材でできたものを使用できない人でも、十分に安心して使用することができます。
    普段の生活で使用できることは、精神的な苦痛を取り除くことができるという大きなメリットと言えます。