普通のかつらとの違い


    茶色の帽子
  • がん治療に使用される抗癌剤には、髪が抜ける副作用があります。
    薬を投与すると1ヶ月前後で髪は抜け始めます。
    薬を使用している間は髪の毛の脱毛が続き、薬の投与が終了すると1、2ヶ月ほどで発毛し始めます。
    がん細胞に効果のある抗癌剤は、時に正常な細胞にも影響をあたえることがあります。
    その1つに髪の毛を発毛させる毛母細胞が影響を受け、髪が抜けてしまうという仕組みとなっています。
    抗癌剤治療の間は、医療用ウィッグや帽子を着用する人も多いようです。
    普通のものと医療用のものとの違いは、通性が良く何時間被ってもかぶれにくいという特徴があります。
    病院内は乾燥していますので、皮膚の乾燥を防ぐためにも帽子やウィッグを着用するのが良いようです。

    抗癌剤の仕組みを知れば、治療後に発毛し始めることがわかります。
    ですから、ウィッグや帽子が必要になるのは、治療している間だけということになります。
    医療用のウィッグや帽子などは特別に作られているため、値段も割高になっていることが多いようです。
    そんな方には、医療用ウィッグのレンタルをおすすめします。
    もともと被る期間が決められているので、レンタルですと購入しない分安く借りることができます。
    また、普段は帽子で過ごしたいが出かけるときだけウィッグを着用したいという人にも適切です。
    1日単位の料金設定を設けているお店もあるので、そのような人にも使用しやすいです。
    その日によって色々な髪型に挑戦することができるので、治療中でもファッションを楽しむこともできます。